接合工法の種類

接合工法 – シーム溶接 –

Pocket

[定義]

シーム溶接とは、被接合材の上下に配した円板状の電極で加圧を付与し、回転させながら通電し、その際に発生するジュール熱によって、被接合材を接合方法です。抵抗スポット溶接が点状の接合部を形成するのに対して、シーム溶接は線状の接合部を形成します。

シーム溶接は

  1. 円盤状の電極の間に被接合材を配置し、加圧を付与
  2. 回転させながら、通電する
  3. 発生するジュール熱による接合の形成

といったプロセスで接合がなされます。

[特徴]

シーム溶接は以下のような特徴があります。

  • 気密性、水密性

シーム溶接部は線接合のため、気密性、水密性の高い接合部が得られます。

  • 応力集中

点状の接合部を形成する抵抗スポット溶接に対して、シーム溶接で得られる接合部は線状であるため、応力集中を抑制することができます。

 

[注意点]

シーム溶接を用いる際は以下の点に注意する必要があります。

  • 高溶接電流

線状の接合のため、電流の分流が生じやすく、接合には高電流を要する場合があります。

  • ピットの形成

高速で接合する場合、被接合材への加圧が均一に付与されず、通電状態、ジュール熱が不均一になる場合があります。その結果、被接合材表面にピットと呼ばれる孔状の欠陥を形成します。

  • 電極の寿命、ひずみ低減

大電流での接合のため、電極の寿命が短くなる、熱によるひずみが生じるといったことが問題になる場合があります。

[事例]

自動車用途では、フューエルタンクリザーバータンクなどに適用されています。

[まとめ]

シーム溶接とは、被接合材の上下に配した円板状の電極で加圧を付与し、回転させながら通電し、その際に発生するジュール熱によって、被接合材を接合方法です。

線状の接合部を形成するため、高い気密性、水密性を有する接合部を得ることができます。線状の接合であるため電流の分流が生じ、接合には大電流を要します。大電流での接合のため、電極寿命、熱によるひずみが問題になる場合があります。

Follow me!

Pocket

関連記事

  1. 摩擦攪拌接合

    接合工法の種類

    接合工法 – 摩擦攪拌接合 –

    摩擦撹拌接合とは、先端にピン状の構造を有した円筒形のツールを回転さ…

  2. SPR

    接合工法の種類

    接合工法 – SPR(Self-Piercing Riveting)–

    機械的な締結による接合方法には、副資材(リベット、ボルト、ねじなど…

  3. 電子ビーム溶接

    接合工法の種類

    接合工法 – 電子ビーム溶接 –

    電子ビーム溶接とは、陰極をフィラメントで加熱することにより熱電子を…

  4. FDS

    接合工法の種類

    接合工法 – FDS (Flow Drilling Screw) –

    FDS(Flow Drilling Screw、フロードリルスクリ…

  5. プロジェクション溶接

    接合工法の種類

    接合工法 – プロジェクション溶接 –

    プロジェクション溶接は抵抗溶接の一種であり、被接合材の一部に突起を…

  6. 接合工法の種類

    接合工法 -クリンチング-

    クリンチングとは、パンチとダイの間に挟んだ被接合材…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. FDS

    接合工法の種類

    接合工法 – FDS (Flow Drilling Screw) –
  2. SPR

    接合工法の種類

    接合工法 – SPR(Self-Piercing Riveting)–
  3. アプセット溶接

    接合工法の種類

    接合工法 – アプセット溶接 –
  4. 接合工法の種類

    接合工法 – シーム溶接 –
  5. 接合工法の種類

    接合工法 -ウエルドボンド法-
PAGE TOP
PAGE TOP